稲発酵粗飼料流通における価格形成の現状と課題に関する口頭報告を行いました

学会個別報告(共生社会システム学会)を2014年9月に行いました。

本報告では、稲WCS流通における価格形成について、取引費用理論的視座から制度や事例を分析・考察しました。①稲発酵粗飼料は生産財として特殊性を持ち、中間組織的な取引形態が効率的と考えられる、②取引費用を軽減する地域農業システムを構築することで、農業生産の性格が異なる地域間でも流通する、③農家数増加、面積拡大など取り組みが拡大すれば、取引費用がさらに高くなり、中間組織の重要性がさらに増す、以上3点を明らかにしました。
報告情報
題 目:稲発酵粗飼料流通における価格形成の現状と課題
報告者:小川真如
会 場:酪農学園大学
備 考:共生社会システム学会2014年度大会
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!